マルチメディア

被災地三次元フォトオーバレイ

公開

写真単体では把握できない「被災の実相」について理解するためのコンテンツ。ニューヨーク・タイムズ他に掲載された40枚以上の被災地写真をGoogle Earth上で閲覧し、被災前/後の状況を比較することができる。すべての写真は,地形と立体的に重層表示されており、仙台空港や福島第一原子力発電所などの被害状況を三次元的に把握することが可能。さらに、Googleの画像アップデートにも対応しており、ラジオボタンで被災前後の空中写真を切り換えることもできる。


Nagasaki Archive

公開

被爆者の体験談、被爆直後の長崎から現在に至る風景の変遷をデジタル地球儀上にアーカイブし、長崎原爆の実相を世界に伝えるためのコンテンツ。デジタル地球儀Google Earthを用いて、長崎の地形を立体的に俯瞰しながら、被爆者の写真と体験談を、1945年8月9日に実際に被爆した場所と関連付けて閲覧できる。また、被爆直後に撮影された写真と2010年現在の写真を重層表示し、被害のようす、その後復興を遂げた長崎のようすを時空を越えて体感することもできる。


日本空襲デジタルアーカイブ

公開

太平洋戦争で日本が受けた空襲に関しての資料を集めたデジタルアーカイブ。?アメリカの資料館で保管され、パブリックドメインに帰した一 次・二次資料、?空襲体験者の手記や対談、?爆撃を受けた各々の都市の戦災記録、?「戦略」として空襲を物語り、分析する論文とエッセイ、?第21 爆撃機軍団の「作戦任務報告書」、?「米国戦略爆撃調査団報告書」、?カーチス・ルメイ資料、?ヘンリー・ハーレー・アーノルド資料といった資料を収録する予定。


Hiroshima Archive

公開

広島平和記念資料館、広島女学院同窓会、八王子被爆者の会をはじめとする提供元から得られたすべての資料を、デジタル地球儀「Google Earth」上に重層表示した「多元的デジタル・アーカイブズ」1945年当時の体験談、写真、地図、その他の資料を、2010年の航空写真、立体地形、そして建物モデルと重ねあわせ、時空を越えて俯瞰的に閲覧することができる。


genomemap

公開

ヒトゲノムに含まれる全遺伝子(約2万6800個)のうち、さまざまな機能に関わる約1%分の遺伝子の名前と染色体上の位置を表示


ディジタル・シルクロード・イマジナリ・ミュージアム

公開

「ディジタル・シルクロード」で蓄積されてきた学術データベースの中から、広く一般向けにWEB公開することを目的としたシルクロードに関する[想像上=Imaginary]のミュージアムサイト。シルクロードの東西文明の十字路、多様な異文化が交錯して新しい文化を生み出したアフガニスタンのバーミヤーン遺跡をはじめ、世界の国々の文化遺産をDSR Imaginary Museumが収集した情報(コレクション)の中から順次公開している。


農地を活かそう

公開

遊休農地、農地についての情報サイト。遊休農地を活かした取り組みなどを調べることができる。


防災地震Web

公開

24時間以内に発生した地震の震源分布や、日本列島の現在の揺れを可視化する強震モニタなど、最新の地震情報をまとめて見ることができる。


TOKYOTECH Open Course Ware

公開

東京工業大学が、すべての講義資料を全世界に向けて無償で公開し、最高水準の理工系教育を全世界の共有財産とすべく提供するプラットフォーム。一定の条件()を守れば講義等や自主学習の目的だけでなく、翻訳・改変・再頒布等を含めて無償で自由に利用できる。


NHK クリエイティブ・ライブラリー

公開

NHKアーカイブスの番組や番組素材から切り出した映像や音声を、視聴者の表現・創作活動のための「創作用素材」として、インターネットを通じて提供する無料のサービス。 素材は利用規約(非営利目的、著作者名表示など)を承諾のうえ、ダウンロードできる。映像素材は「生きもの」「日本や世界の風景」「地球・環境」など、NHKがすべての権利を有するものが基本。作品づくりの効果を高めるため、オリジナルの音楽素材と、効果音素材も若干数、用意している。


阿波人形浄瑠璃の世界

公開

阿波人形浄瑠璃に関するデータベース。用語解説、人形の写真集、動画、浄瑠璃に関する団体の情報、浄瑠璃の舞台情報等が掲載されている。